転職・再就職を考えている方へ

看護師はまだまだ女性が多い職種でもあります。

男性看護師は全体で10%にも満たないというのが、今の現実なのです。

ですから、結婚や出産で離職をする方も多いと思います。

子育てがひと段落をして、再就職を考える方も増えてきているようです。

また、転職を考えている現職の看護師も多いようです。

 

家庭と仕事の両立のために、転職を考えるのは自分のためにもなります。

無理な勤務をして、退職をしてしまうよりはいいのではないでしょうか?

転職や再就職を考えているのであれば、専門の転職サイトを利用してみるのもいいのではないかなと思います。

今は看護師の求人を専門に扱っているサイトもたくさんあります。

中にはそのサイトを通じて転職や再就職が叶った場合には、お祝い金を支給してくれるところもあるほどです。

 

自分に合う仕事の仕方っていうのがあると思います。

無理をしない方法を探して、長く続けることができるようにするのもいいのではないかなって思うのです。

 

万年看護師不足ですし、引く手あまたでもあると思います。

自分のキャリアアップ、スキルアップを目指しているっていう場合もあると思うので、転職サイトを利用してみるのもいいのではないかなと思います。

看護師のここがつらい

看護師の仕事に限らず、つらいと思うことってたくさんあると思います。

でもそれ以上に嬉しいことや楽しいことってあると思います。

看護師だって同じだと思うのです。

嬉しいことがあるからこそ、続けられるとかやりがいがあるからこそ続けることができるっていうこともあると思うのです。

 

厳しいかもしれませんが、看護師の仕事で辛いことをいくつか書きたいと思います。

看護師の仕事は人の命に関わる仕事です。

もちろん、関わっている専門科によっても変わってくると思いますが、やはり関わっていた患者さんの死に直面をするというのは、特に新人時代にはかなりつらいことなのではないかなと思います。

救命救急などは重症の方が多いわけですし、残念ながら亡くなってしまうということもあると思うのです。

事実を家族に伝えるというのも、辛いことだと思います。

 

また看護師に限らず、医師にも求められるのがミスは許されないということです。

ケアレスミスというのは、本当に怖いことですし。

常に完璧を求められてしまうというのも、精神的にはつらいことだと思います。

 

休みに関しても入院病棟がある場合には不定期ですし、夜勤だってあります。

生活のリズムが崩れがちになってしまうというのも、辛いところだと思います。

残業だって、臨機応変に対応をしなければいけないので、大変なことだと思います。

看護師の職種

看護師はどういう分野で活躍をしているのでしょうか?

一般的には病院での勤務ということになると思います。

この病院の種類も様々ですよね。

 

大きな大学病院。

大学病院の管轄は厚生労働省ではなく、文部科学省です。

大学病院は病院でありながら、教育の機関でもあります。

未来の医師や看護師を育てる場でもあります。

その未来の看護師を育てることも、現役の看護師の仕事の1つでもあると思います。

 

総合病院での勤務だと入院病棟と外来病棟があると思います。

手術室での勤務をする看護師もいます。

この手術室の看護師というのは、一般病棟での勤務を行っている看護師とは全く違う存在と考えたほうがいいようです。

高度な知識が必要となりますし、また特別な知識と技術を求められるのだそうです。

看護師というと、総合病院の入院病棟での仕事を連想するという方が多いのかもしれません。

 

診療所やクリニックなどの小規模施設での勤務もあります。

夜勤もなく、入院患者もいないので、離職後に復職をする場合に考えるという方も多いようです。

診察の補助的な役割を果たすことが主な仕事だと思います。

 

近年では老人介護施設だったり、訪問看護を行うところだったりして、看護師が活躍する場所というのは、広がってきているのではないかなと思います。